〜ちょっと勇気が出た記事シェア〜

【ここに注意!新型コロナ】在宅介護、過ごし方は? 広島県介護支援専門員協会長に聞く - 中国新聞デジタル

※  ※  2020/4/13  中国新聞デジタルより  ※  ※

以前から、在宅の分野で活躍なさっている先生が、新聞でお話されていて、ちょっぴり勇気が出る内容だったのでシェア。

広島の感染蔓延が、集団感染を中心になってきていて、日に日に周りの空気がシビアになってきているのを感じます。
多くの都市が非常事態宣言を出し始めているように、方向性としてはどんどん自粛や内に籠もることが求められていくようになるんだと思います。
もちろん、その必要性もいち専門職として十分理解していますし、普段、現場で大事にされている「距離感」がもしかしたら大事にしたいお年寄りを傷付けてしまう可能性もあること…わたしたちにとっても驚異です。
ただ、どんどん閉じていく中でのお年寄りや人への弊害が語られることはほとんどなくて、じゃあこの危機を乗り越えた先にあるみんなの未来は、果たして元通り健やかなんだろうかという不安も、とても大きかったんです…。
それを言葉にされていたこの記事。
未だわたしたちを取り巻く状況は厳しいですが、ちょっと元気がでました。
驚異から身を守りつつ、でも守っていきたい当たり前。大事な当たり前。
そのために、諸対策、頑張ります。
余談ですが、
感染リスク対策としては根拠がない、行き過ぎた自粛や偏見も散見されていて……。
この状況のなによりの弊害は、人の心がギスギス歪んでいくことだなと、心痛めています。

コメントは受け付けていません。