NEWS

〜映画タイム〜

2020年6月30日

IMG_7170

 

年末年始の改装後、広くて白い壁スペースができたので、映画鑑賞も割とお手軽にできるようになりました!

愛染かつらなどの思い出ふか〜い定番ものや、
忠犬ハチ公などの動物ものもなかなかの反応ですが…。

意外と皆さん興味深くご覧になるのが近年話題になったアニメ映画「この世界の片隅に」。
呉が舞台なだけあって馴染み深い方も多かったり、
時代的に悲しいシーンもあるのですが当時の暮らしぶりを皆さんと話せたり、
仲睦まじいすずさん夫婦の姿にきゃあきゃあ言ったり。
よい時間を過ごせるのです、これが。

心に残るよき映画、募集中です。

第2の人生。

2020年6月29日

IMG_7204

暑さと湿気でお花もいつもより早く元気がなくなってしまったので…
もう少し楽しめないかなと、押し花に。
バラの花弁一枚一枚の鮮やかさ美しさに、皆さんうっとりでした。。。

ドライフラワーもいいしバラ風呂もいいな〜。

トマト収穫!!

2020年6月22日

IMG_7153

よき色のんが採れました!!
一度は熟れた実をカラス(多分)に攫われるという悲劇もありましたが…。

ネットをかけて、過保護に元気に育てました。笑
お昼にお出しすると、真っ先に手を伸ばしてくれる方もおられ…感無量でした。
頑張って育てたかいがありましたね。
水やり等々、頑張って下さった皆さんに感謝です。

収穫第一号☆

2020年6月16日

IMG_7059

 

立派なピーマン実りました!

IMG_7070

 

早速収穫。
収穫2分後にはまな板の上に…。

IMG_7071

 

素敵なプラス一品になりました〜。
今後も続々と実りの兆し。続報をお楽しみに、です!

 

玄メモ改 Vol.003 利用者様による直感的現場指導!

2020年6月15日

利用者様による直感的現場指導!

■とにかく歌い続けるおじいさん。
だいたい、1日に4時間。
玄玄を唄の教室だと思っているようで、最近は他の利用者さんも唄につられて近くに寄っていってます。
■なのですが、先日。
■そのころ、少しずつ新規利用の方が増えてきたこともあり、まだ慣れていない利用者さんのことを知っていく最中。
で、その日は唄の会のギャラリーが少なかったわけです。
■確かに朝から超・不穏ではあったのですが、
■「散歩に行く」と・・・
■このおじいさん、普段はご機嫌斜めでも、散歩に行くと、帰るときには
「いやぁ~、またきましたぁ~」
と、ご機嫌になる人なので、少し安心していたのですが。
■ですが、この日は違った。
たぶん、なんだかいつもと違う玄玄の雰囲気を察知したのでしょう。
このおじいさんの凄い所は、新規の利用者がいる日に限って、朝の送迎時から「ふ・お・ん」なのです。
まだ新しい人に会う前からですよ。
スタッフのビミョーな雰囲気の違いを察知するのでしょう。
そのへんが、さすが、すごい。
■まぁ、それでその日ですが。
そりゃ、いつもとは違いますよ。
おりゃ~っと。
玄玄のある団地は、上に登っていくと山に行くのですが、まぁ、登って登って、山道に入って入って、
もう、道なんかじゃないところまで行って、崖の端から降りようとしているわけです。
■いつもついていく職員と、この日散歩は初めての職員、二人でついていってたのだけど。
■もう、対応不可能。。
■即・ケータイ
というわけで、駆けつけたわけです。
■そこでは、必死に崖を降りようとするおじいさんに、
職「絶対降ろすわけにはいかーーーん!」
爺「わかっとるわい!!そこの枝を落としたいだけじゃーーー」
職「よっしゃーー。わたしもやる!!とりゃーーー」
爺「とりゃーー。枝を落とせーーーー!とりゃーーー」
■という具合で、まぁ、わけわかりませんが、とりゃーっと、散々枝を投げまくり、後は、
「よし、帰ろう」
とご機嫌で帰られました。
■”何がしたかったのか?”
意味はわかりませんが、このおじいさん、ある部分からは玄玄に帰りたかったのだと思います。
だけど、もうここまで来た以上引き返せない。
というわけで、
「とりゃーっと枝を投げて落としに来た」
ということになったのかもしれません。
その理由にちゃーんと乗っかっていく。
本人も、何でこうなったのか自分でもわからないなりに、そのときの突っ込み具合とタイミングと間。
そのなかでなんとなく、理由付けが出来て、整理されていく感じなのかもしれませんね。
■このおじいさんは今までも「個別対応が必要」ということを理由に、利用者の少ないデイを探し通っては、そこの利用者が増えてくると他の利用者の少ないデイに移る、ということを繰り返してきた。
■だけど、玄玄では利用者がたくさんいても、それぞれの距離感と時間で。
このおじいさんにとっても、他の利用者にとっても、スタッフにとっても。
刺激を与え合い、関係を作り、一緒に過ごしていける場になってほしいと思います。
■この日は特別にぶわぁ~っといっちゃいましたが、普段は、とても優しくて穏やかな人です。
誤解されないようにと思って最後に。
■たとえその日に新規の利用者がいても、しっかりやれよということでしょうね。
■今日も、もう、4時間は歌ってます。
2007年6月 藤渕安生

美味美味。

2020年6月9日

IMG_7016

あんこときなこ。
最高の組み合わせですね!
ミニおはぎは、皆さんでくるくる丸めるのも楽しい時間でした…

暑くなってきたので、ぼちぼち、つめた〜いおやつも作っていければなと。
お楽しみに!!

玄メモ改 Vol.002 デイサービスのサービスメニュー

2020年6月8日

玄メモ改 Vol.002 デイサービスのサービスメニュー

■通所介護事業所玄玄は、デイサービスです。
デイサービスは、「日中の通いサービス」ではあるんだけど、
事業所によってあらかじめ用意された「サービスメニュー」をウリにして、
それに当てはまる利用者が集まっていくのではなく、
出会ったお年寄りのニーズによって、結果的に「サービスメニュー」ができていく。
■これに出会ったとき、お年寄りからめちゃパワーもらえます。
■飲食店で例えると、
和・洋・中すべて揃ったファミレスでは、メニュー表に並ぶいろんな料理が選べる。
それはそれですごく便利で、美味しくて、いいんだけど、
個人的な好みは、なかなか聞いてもらえない。
■その一方、ざっくりとはメニュー表があるけれども、
長い付き合いのなかで、
その人だけのメニュー表が、
関係の中で出来ていく。
■デイサービスとして、そういうのを目指すのもアリかなと思う。
■「これがしたい!」とはっきりとした目的を表現できる人もいれば、
最初から「あれがしたい」「これがしたい」「こうなりたい」と、
最初から表現しにくい、できない、苦手な人もいる。
■利用が始まり、顔を合わせる回数を重ねて、
少し慣れてきて、その中で、
お年寄りが、自然と動き始める瞬間。
■そんな瞬間が、なんだかめちゃ感動する。
それを、大事に、その人も、僕たちも、心が満たされていくように、
やっていきたいです。
■じゃあの。
2007年6月 藤渕安生

〜玄玄婦人部からのお知らせ〜

2020年6月5日

IMG_5417

今年はマスクでお口がふさがりがちなので…一層意識しての水分摂取を心がけましょうね。
先日みなさんでソーダフロートを作ったのですが、すいすいと進んでびっくり。
やっぱり身体が欲しておるんでしょうね〜それが美味しいものならなおさら!

みんな大好きCURRY!

2020年6月3日

IMG_6972

先日作ったカレー風味のお焼き。
一緒に作る段階から「香りがええね〜」とあちこちから声が…。

さらに別の日は昼食がカレーだったのですが、自然とみなさんおかわりの流れに!
「○○さんはおかわりどう?」
「もらおうか〜」
と、声の掛かり合う活気ある時間が幸せでした〜……。

ほんと、どの世代も好きなカレー、不思議ですね。
わたしは、ばあちゃんの作った不思議に黄色くて甘いカレーが懐かしくて大好きです。

実ってきました!

2020年6月2日

IMG_6967

 

ミニトマト成長中!
日毎の水やりは、楽しみにされている方も多いです。
来所の度に、「おおきゅうなっとる!」「ほらあそこにも」と。
一緒に日々を重ねる喜びを実感します。