shoukai

bar

 2014-11-21 15.02.32

はじめまして。通所介護事業所玄玄といいます。 

アパートの1階をリノベーションしたデイサービスで、
明るさや清潔感溢れるモダンな設えとなっています。

その中で、利用者様をゲストとして身近で温かみのある雰囲気でお迎えいたします。

一緒に生活を楽しめる、「ちょっとお呼ばれした感じ」の親しみやすく、
丁寧な関わりを心がけています。

見学や体験を兼ねて、どうぞお気軽に足を運んでみてください。

bar

玄玄の理念

本当にこまったとき、そばにいること

デイサービスで出会う利用者様にとって、わたしたち職員は第三者です。
当事者やご家族のように困難をご一緒することは叶いませんが、
ノウハウを持った「頼れる仲間」として信頼を築いていけると信じております。
どうすればいいか迷ったとき、ふと見渡すと側で手を差し伸べている。
そんな存在を志します。

その変化とともに、私たちのケアも変わっていくこと

玄玄では、「介護」とはその方が「自分らしく生活するための工夫や知恵」を提供することだと考えます。
老いや障害に伴い、これまで当たり前だったことがだんだんと失われていくこともあるでしょう。
そんなとき、状態に合わせてケアの見直しを行っていくことで、
変わらぬその方らしさを支えることをお約束します。

最後まで通える場所であること

様々な方々が生活している地域において、
「どう老いていくか」「どう生きていくか」という価値観はとても多様化しつつあります。
その方それぞれの答えがあるでしょう。
また、答えが見つからず、もがきながら現状と直面している方やご家族も多いと思います。
玄玄は、どの方に対しても常に扉を開いた状態でお待ちしております。

20140418

bar

デイサービス(通所介護)とは

ご自宅から通い、食事や排泄、入浴、健康チェックやレクリエーションなど、
生活行為を向上させるための援助を受けられるサービスです。

 

〈玄玄では・・・〉 

アパートの1階を改築したモダンなしつらえのなか、

「皆で生活を楽しむ」ことを主軸に穏やかに過ごしていただけます。

地域の中で、明るく開けた立地でありながらも、

コンパクトで目の行き届きやすい「ちょうどよい」デイサービスです。

2014-10-27 13.34.53

2014-11-03 14.40.45 のコピー2014-07-18 15.41.30 のコピー2014-10-14 10.10.52 のコピー2014-10-14 14.42.12 のコピー2014-10-15 12.10.46 のコピー2014-04-14 15.22.08

清潔感と落ち着きのあるお家のような空間と親しみのある丁寧な関わりは、

慣れ親しんだお宅にお招きされたような「お呼ばれ感」を感じられることができます。

例え介護を必要とする方でも、

ご本人の意欲が活かされることでイキイキと明るく過ごすことができます。

そして意欲を高めるには、同じ場に集う仲間と一緒に過ごし・共感し・楽しむことが大切です。

わたしたちにそういったお手伝いができるよう、
日々のレクリエーション・過ごし方を考えています。

ご家族様やケアマネージャー様への広報誌
【笑顔の収穫だより(年4回)】【ほっとすくーぷ(毎月)】も手作りしており、
密な関係づくりを志します。

月に一度、懐かしの映画上映会も行っています。

 

1日の流れ

1日の流れ

フリージア

bar

<玄関・アプローチ>

25 2426

玄関戸前は車いすの回転、操作しやすいよう半円状にスペースを確保しています。

公園を望む開放的な廊下アプローチには、転落防止・歩行補助のやめ手すりを設置しています。

bar

<施設内>

05_zoom

1日の定員を10名とし、コンパクトな設計となっています。

部屋と部屋をつなぐ廊下は一切なくし、デイルームを中心とした間取りにしています。

デイルーム中央に耐力壁を配置し、その部分に収納の機能をもたせていますが、
これは同一空間での人の気配を感じながらも直接的な視線を遮り、
利用者様に落ち着いて過ごしていただける効果もあります。

29 30 31

bar

<トイレ>

06

05

デイルームに面した2つのトイレがあります。

向かって右側のトイレは車椅子対応トイレとなっています。

トイレの位置を色で指し示すことで直感的にわかるよう、あえて扉の色を変えています。

07

車いす対応トイレ。住宅用ではなく、施設向けの専用2枚連動吊り戸を採用しました。

2枚の扉が連動して動くため、開閉がスムーズで間口も広く取れます。

レールもないので僅かな段差もありません。

09

bar

<浴室>

10

浴室は介護しやすいよう1.25坪タイプで洗い場が広めのシステムバスを採用しています。

介護施設用というわけではありませんが、浴槽は縁が握りやすくなっていたり、
半身浴用ステップで脚の位置を保持できたり、工夫が凝らしてあります。

11

柔らかいタイプの床仕様です。

膝をついても痛くありませんし、万が一物を落としても音がせず、破壊も防げます。

なおかつ滑りにくく、なにより気持ちが良い仕様となっています。

12

浴室の入口は2枚片引き戸で十分な開口寸法を確保しています。

脱衣場もトイレと同じ2枚連動吊り戸を採用しています。

<玄玄での入浴ケア指針>

○1対1の入浴ケア
大浴場のような流れ作業を行うのではなく、家庭にいるような1対1の介助を行うと、
お風呂にゆっくり浸かることができます。

○安全・安心の座位を中心とした入浴ケア
入浴は家庭用の和式浴槽を半埋め込みにして使います。
浴槽の縁の高さと同じ高さの洗い台かイスを用意し、それを湯船にくっつけて置きます。
湯船に出入りするときも体を洗うときも、この台に座ってもらうのがポイントです。
これまでの生活習慣を変えない入浴が、自然な生活動作の継続になり、
その方に応じたリハビリになります。

○生理学に沿った介助法
たとえ小さな浴槽を使っていても、力任せの介助は行いません。
利用者様に足を引いて前かがみになってもらえば、ご自身の力と浮力で自然におしりがうきます。
障害があっても、できるだけご自身で入浴していただけるような、
こうした生理学的な動きを応用した入浴介助をおこなっています。

bar

<グリーン>

玄玄では、観葉植物たちも日光を浴びてキラキラ輝いています。

2014-06-13 14.22.02 のコピー

座っている時に、ふとそこにある植物が癒やしを与えてくるような、
そんな
雰囲気を大事にしています。

bar

<ほのかに香る>

 

2014-06-10 18.16.35 のコピー

「Smells like teen spirit」と、NIRVANAの曲の題名にもなっているように、
「香り」って経験や思い出と深く結びついていて、記憶にとても根強く染み付いていくものだそうです。

そこに実在はしていないけど、確かにそこにあってその場の空気や雰囲気を作り出してくれるもの。
普段特別意識はしていませんが、
そういったわたしたちの生活に欠かせない身近なものだと思っています。

それぞれ心に様々な働きかけをする香りが存在しますが、
その人自身が「いい香り」と思うことが一番癒やしになるそうです。

そんな場の空気作りができればな、と玄玄では玄関でお香を焚いています。
玄関を入ったときにふわっと香るこの香りが、
「今日も玄玄にやってきたなあ」という始まりの気分にもさせてくれます。

「お香を焚く」という行為も、日本人の風土や文化に長く根付いているものですしね。

何よりお香の好きなところは、「香りがほのか」というところです。
いくらいい香りに包まれたいとしても、
主張が強すぎる芳香剤やフレグランスを用いるのも違うなあと思います。

なぜなら、生活には香りがあります。

「ご飯が炊けた香り」
「お風呂から漂う石鹸の香り」
「洗濯物の香り」
「人の香り」
「自分の家とは違う、他所様の家の香り」

この場を形作る、そんな香りをかき消したくはないのです。
そうやって、いろんな人が作り出す「香り」で 、玄玄だけの香りを作っていけたらと思います。

bar

<役割・仲間・遊びリテーション>

社会的役割を持つことが元気の秘訣です

役割

仲間がいることで、落ち着くことができます
玄玄のスタッフは「いざというときに頼りになる仲間」として、共に時間を過ごします。
資格や専門性を、あからさまに態度に出すことはありません。

仲間

遊びリテーション!
遊びのなかで自然に体を動かすと、楽しく、笑顔で、自然な機能訓練になります。
重度の方でも、その方に応じた参加をすることが出来ます。

遊びリテーション

bar

<手作りの食事ケア>

姿勢と机、イスの高さはとても大事です
高すぎないテーブルに向かい、背もたれのある椅子に深く座るようにしています。
両足の裏が床につき、上体が前傾しているのが食事をするときの正しい姿勢です。
正しい食事姿勢で誤嚥も防ぐことができます。

玄玄のテーブルの高さ=62cm
イスの高さ=36.5cm、 37cm、 38cm、 39cm、 40.5cm、 43cm
これらのイスを足の裏が床につくよう、個別に使い分けています。

自分で食べられるような支援をします
食事介助はほんとうに必要な人だけにおこなっています。
考えられる限りの、「自分の手で食べられるための工夫」をすることが大事です。

 

食事

bar

<送迎>

無料で送迎を行っています。
車椅子のままでもご乗車できますのでご安心ください。
送迎範囲:広島市南区・中区・東区・安芸郡府中町

ノア
シエンタ

bar

脱水予防もしっかりと行っています

体液量の減少や、発汗による体温調節機能が十分でないため、

高齢の方については特に脱水症への注意が必要となります。

それぞれの方に水分摂取目標を定めてはいますが、

「美味しく」「楽しく」「自然に」
そんな水分摂取をしていただけるよう機会のセッティングに配慮しています。

2014-11-17 15.54.46

脱水予防

bar

 

2014-06-13 14.22.02 のコピー

※介護保険(1割のご負担)でデイサービスをご利用することができます。

詳しくはお電話、またはメールをお寄せください。

 

見学も随時お受けしております。

ご利用や施設見学、体験利用(食事・入浴・送迎無料)のご希望の方は、

お気軽にご連絡ください。

bar

事業所の概要

事業所番号 : 3470207030

住所    : 広島市南区仁保2-5-39

℡.     : 082-890-6686 (携帯電話 080-4626-5165)

Fax.    : 082-890-6687

Mail.    : info@gen-gen.com

事業内容

通所介護事業所玄玄>(通所介護・介護予防通所介護)

定員    : 10名(小規模型通所介護)

営業日   : 月〜土曜日(祝日営業)

利用時間  : 9:30〜16:45

営業区域  : 広島市南区、中区、東区、安芸郡府中町

〈会社概要〉

名称    株式会社 玄玄
本社所在地  広島市南区仁保2-5-39
設立年月日 2007年2月5日
営業開始日 2007年4月1日
資本金   300万円
代表取締役 藤渕 安生
事業内容  通所介護事業
取引銀行  広島銀行 五日市八幡支店